スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




タイ・バンコクの現在の状況 

今現在の状況だと長びかなそうなので、一安心と
いったところです。

在タイ日本大使館発表の情報をまとめてみました。


・19日、ルアンロート最高司令官、ソンティ陸軍司令官をはじめとする陸海空3軍司令官等は、チトラダ宮殿に集合するとともに、国王を元首とする「民主主義統治改革評議会」を設置、統治権を掌握し、国王に奏上した。同評議会の議長にはソンティ陸軍司令官が就任した。

・戦車を含む部隊が国会、首相府付近に展開したが、武力行使は一切なく、市内の情勢は平穏であり、邦人の被害も報告されていない。
・今回の事態に関する評議会布告がTV各局の緊急放送として放映された。また、評議会議長はタクシン前暫定首相が発していたバンコク地域の非常事態宣言を廃止し、戒厳令を発した。

・20日を臨時休日とすることが統治改革評議会により宣言され、銀行や証券市場も休みとなった。なお、20日時点で、国際空港は通常どおり運営されている。

・20日午前9時からタイ国軍最高司令官、陸海空3軍司令官、タイ国家警察長官の5名が合同でTV各局の緊急放送に出演し、ソンティ陸軍司令官が評議会議長として、それまでの評議会の布告の概要をまとめて報告し、国民に理解を求めるとともに、平穏を保つための協力を要請した。


空港:航空機、入管通常通り、空港へのアクセス道路も規制無し。

銀行・証券:休業

在タイ日本国大使館:通常通り

BTS、地下鉄:通常通り(但し、軍隊の監視有り)

道路規制:首相府前のピッサヌローク通り通行止め


人気blogランキングへ





コメント

コメントの投稿














newsclip.be タイ発ニュース速報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。